愉快なアクション


「さらに伝わる文章講座」
〜苦手だけどなんとかしたいあなたへ〜

7月12日(土) 10:00〜17:00

中学生のときから、授業は”睡眠学習“専門の私。そのきくあつが全く眠くならない文章講座です。 自分が主張したいこと、相手に知ってほしいことを どうすれば、伝わる文章にできるのか? その視点を学ぶことができます。 文章を書く前のこと 書いている最中のこと 書いた後のこと 各場面での脳の使いどころは? 悩みどころは? という疑問にベテラン編集者、赤羽博之さんが丁寧に解説して下さいます。

○こんな人におススメです。
自分の位置づけ(役割)を再確認したい
分かりやすい文章のコツが知りたい
インタビューが印刷物になるまでを学びたい など

○講師・赤羽から受講される皆様へ
相手の話を聴き、アタマの中を整理し、文章として表現していく――。 これは人と関わる仕事であれば、すべてに共通する基本的なアクションです。

伝わる文章、簡潔な文章を書くために必要なポイントとは?

皆さんに“楽しく”身につけていただけるよう、 編集者としての30年分の経験、知識を、 宇都宮「yuinoma」での時間にすべて投入するつもりです。
お目にかかるのが楽しみです……!

日時

2014年7月12日(土)
10:00〜17:00

会場

宇都宮市東宿郷 6-1-21 東パークハイツ2階 栃木銀行宇都宮東店向かい
宇都宮駅から徒歩10分
yuinoma(http://ameblo.jp/yuinoma/


アクセス(宇都宮)

東京方面から
宇都宮線(上野始発)または、湘南新宿ラインで、山手線内から普通で約1時間50分。新幹線で1時間弱。

料金


15,000円
(特製ランチ代+お茶菓子込みの費用です。)

※高校・大学・専門学校生の方は10,000円で受講できます。
各種割引:
参加費用が諸事情により難しい場合には、出来ること返し、物納入相談に乗りますので、備考欄にその旨をお書き添え下さい。

講座内容

7月12日
○書き方+直し方
1.課題講評〜7つのポイント〜
2.伝わる文章を書く3つの視点
3.文章力UPの方法
4.推敲タイム〜ライブで講評!〜

定員

10名(先着順)最小遂行人数8名

講師・ファシリテーター

赤羽博之(あかばね・ひろゆき)
フリーランス編集者。講師。合同会社耕文舎代表。
1956年神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、出版社、メーカー系の制作会社、環境NGOを経て、1999年フリーの編集者に。2002~08年イオンカード会員向け月刊生活情報誌『mom(モム)』編集長。その後、nikkei netの企画制作ディレクターを務める。
現在は講師としてライタースクール、カルチャーセンター、大学の公開講座、研修・セミナーなどで活動中。著書に『すぐできる!伝わる文章の書き方』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。
http://www.kakimono-navi.jp

菊地 敦子(きくち あつこ)
宇都宮愉快市民。幼少時代からダンス、中学から合氣道で汗を流し、デザインや造形作品を作りながら、現在も愉快な日々を送り続けている。ワークショップやファシリテーションは2009年からBe-Nature Schoolや日本ファシリテーション協会で学び始める(現在も継続中)。冬は赤の革ジャンがトレードマーク。


 

参加方法

参加ご希望の方は、事前のお申し込みが必要です。フォームよりお申し込みの上、指定の参加費を講座へお振込みください。振込を持って正式申し込みとします。

お申し込み

  • TOP
  • 愉快なアクション・カフェ
  • 愉快なアクション・スクール
  • 愉快なアクション・ライフ
  • 講師・ゲスト紹介

facebookページ

今後の開催予定

参加者の声

Tさん
愉快なアクション・カフェに参加
自分の想いを聞いてもらえる場があるよ!